東京都の水道水 > 東京都の水道水

東京都の水道水

2011年3月に発生した東日本大震災・原子力発電所の事故で、東京にある浄水場でヨウ素などの放射性物質が検出され大きな話題となりました。安心・安全で通ってきた水道水の安全神話がずれた瞬間だったのではないでしょうか。乳幼児の飲用を控えるようにという情報が大きく伝わり、都内の店頭からはミネラルウォーターのペットボトルが消えてしまったことも記憶に新しいことでしょう。震災の時には停電が起こった地域もあり、マンションやオール電化住宅などでは断水も同時に起こってしまったご家庭も多くあり、一時的に水パニックが起こりました。震災後原発事故の収束宣言は出されましたが、関東地方には依然としてホットスポットと呼ばれる放射線量が高い地域も存在しているために水道水に関しても信頼できないと考えている方も多くいらっしゃるようです。再び起こりうるといわれている大地震にも備えてウォーターサーバーを設置する御家庭が多くなりました。

ウォーターサーバーのお水は水宅配会社が個別で随時放射性物質に関する検査を行っていますし、ピュアウォーターの製造プラントでも放射線量の検査や販売用の水に関しての検査を行っています。検査結果は各水宅配会社のHPから閲覧できますので安心できますね。ウォーターサーバー用のボトルは、未開封の状態で賞味期限が1年程度有ります。災害用の備蓄水として御家庭にストックもできますので安心です。ウォーターサーバーは停電すれば温水や冷水の使用ができなくなりますが常温で飲用することが可能です。命をつなぐ水としてもウォーターサーバーの水は安心して使うことができます。水道水と比べるとコーヒーやお茶の味が冴えわたって美味しく感じますよ。