軟水と硬水 > 軟水と硬水

軟水と硬水

ミネラルウォーターなどには軟水と硬水といった区分がありますが、では一体これはどのような違いがあるのでしょうか?

これらの違いはその水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量で決まります。単位はdH(ドイツ硬度)またはppm(アメリカ硬度)で表します。そして、それらの含有量が多いものを一般的に硬水と言います。ミネラルの多い水のほうがなんとなく体に良さそうな気がしますが、軟水と硬水の特徴を知って用途に合わせて利用するのがポイントです。

例えば硬度が高い水は、新陳代謝を促進する働きがあるので、デトックス効果が期待できます。また、軟水は料理に適しており、味や香りをうまく引き出すことができますので、それぞれのメリットを理解して上手に取り入れましょう。