運動と水の関係 > 運動と水の関係

運動と水の関係

人間は運動をすると体温が上昇し、その上昇した体温を下げるために発汗して調整するはたらきを持っています。また、長時間運動しているとその分発汗してどんどん体内の水分が失われていくことになります。そうすると体内の水分が不足して、心拍数も上昇するので体力の消耗が激しくなってきます。

このような時に適度な水分補給を行わないと脱水症状などを引き起こしてしまう危険性もありますので、注意が必要です。したがって、運動中に水分補給することは、体力の消耗の防止にもなり、運動機能の低下を防ぐのに役立つので、積極的に取り入れることをおすすめします。ただし、過剰な水分補給を行うと低ナトリウム血症などを誘発する恐れもありますので、適量を守るようにしましょう。