東京の水 > 東京の水

東京の水

東京の水は高度浄水処理を行っています。これまでの通常の浄水処理では、かび臭やカルキ臭の原因となるアンモニア態窒素を取り除くことができませんでした。また、発がん性物質の原因ともなる残留塩素から生成されるトリハロメタンなども検出されており、あまりおいしい水だとは言われていませんでした。この高度浄水処理を行うことで、これらの物質が水道水に残ることがなくなり、臭いやクセのない美味しいお水を実現することができるようになりました。東京都水道局では東京の水道水をペットボトルに詰めて都下主要店舗で販売しているほど自信を持って紹介しています。

この東京の水を浄化する浄水場ではかつて放射性ヨウ素が検出されたことで安全であることに揺らぎが発生しました。現時点では放射性物質の検出はありませんが、小さなお子さんを育てるご家庭では、水道水を利用することに漠然とした不安をもっている方も少なくありません。ここでウォーターサーバーや宅配水システムを導入する御家庭が増えてきました。

ウォーターサーバーのレンタル料は千円程度。水の定期購入を行うことでサーバーのレンタル料を無料にしてくれる会社もあります。妊婦や乳幼児を持つ御家庭に優遇されるプランを導入している会社もありますし、バナジウムが豊富に含まれた水などの機能的な水を販売している会社もあります。これまで東京の水の安全性を懸念してペットボトルの水に頼っていた御家庭であれば、ウォーターサーバーを導入することで、コストダウンを図ることができます。水の価格も500mlペットボトルに換算すると70円程度で収まりますので、とてもお安く済みますね。