水飲み習慣

毎日水を1リットル以上飲むように推奨されています。水飲み習慣が定着すると体調が良くなるといわれています。水飲み習慣を定着させることで一番実感することは、お通じのスムーズさに関することだといわれています。水分を多く取り込むことで、腸内にも水がいきわたるようになります。便が硬くなると便通の滞りが起こってしまいます。このほかには、濃縮された体内の血液をそのままにすると、体のさまざまなところに悪影響をもたらします。生活習慣病の引き金になることも考えられますので、ドロドロ血液を放置する前に水を飲むことでわずかながら緩和されていきます。

水を飲むことを習慣化したいと考えた時、水道水を飲むだけでは効果を見出すにはかなりの時間がかかるとも考えられています。マグネシウムが強化された海外から輸入された硬水を飲むという方がダイエッターを中心に多いようです。日本で国産硬水の入手は難しいのですが、ミネラル成分がたっぷり含まれた天然水などの入手は可能です。また、バナジウムと呼ばれる健康に良いとされる成分が含まれた天然水なども人気が高い水です。

これらの天然水は、御自宅で好きな時間にたっぷり飲めるとよいですね。宅配水を選択することで適温の天然水をいつでも飲むことができます。ウォーターサーバーを設置すると、冷水や温水で天然水を楽しむことができます。天然水は、サプリを服用したり薬を服用するお水としても使えますので、長い時間愛用しやすいのではないでしょうか。


東京都の水道水

2011年3月に発生した東日本大震災・原子力発電所の事故で、東京にある浄水場でヨウ素などの放射性物質が検出され大きな話題となりました。安心・安全で通ってきた水道水の安全神話がずれた瞬間だったのではないでしょうか。乳幼児の飲用を控えるようにという情報が大きく伝わり、都内の店頭からはミネラルウォーターのペットボトルが消えてしまったことも記憶に新しいことでしょう。震災の時には停電が起こった地域もあり、マンションやオール電化住宅などでは断水も同時に起こってしまったご家庭も多くあり、一時的に水パニックが起こりました。震災後原発事故の収束宣言は出されましたが、関東地方には依然としてホットスポットと呼ばれる放射線量が高い地域も存在しているために水道水に関しても信頼できないと考えている方も多くいらっしゃるようです。再び起こりうるといわれている大地震にも備えてウォーターサーバーを設置する御家庭が多くなりました。

ウォーターサーバーのお水は水宅配会社が個別で随時放射性物質に関する検査を行っていますし、ピュアウォーターの製造プラントでも放射線量の検査や販売用の水に関しての検査を行っています。検査結果は各水宅配会社のHPから閲覧できますので安心できますね。ウォーターサーバー用のボトルは、未開封の状態で賞味期限が1年程度有ります。災害用の備蓄水として御家庭にストックもできますので安心です。ウォーターサーバーは停電すれば温水や冷水の使用ができなくなりますが常温で飲用することが可能です。命をつなぐ水としてもウォーターサーバーの水は安心して使うことができます。水道水と比べるとコーヒーやお茶の味が冴えわたって美味しく感じますよ。


東京の水

東京の水は高度浄水処理を行っています。これまでの通常の浄水処理では、かび臭やカルキ臭の原因となるアンモニア態窒素を取り除くことができませんでした。また、発がん性物質の原因ともなる残留塩素から生成されるトリハロメタンなども検出されており、あまりおいしい水だとは言われていませんでした。この高度浄水処理を行うことで、これらの物質が水道水に残ることがなくなり、臭いやクセのない美味しいお水を実現することができるようになりました。東京都水道局では東京の水道水をペットボトルに詰めて都下主要店舗で販売しているほど自信を持って紹介しています。

この東京の水を浄化する浄水場ではかつて放射性ヨウ素が検出されたことで安全であることに揺らぎが発生しました。現時点では放射性物質の検出はありませんが、小さなお子さんを育てるご家庭では、水道水を利用することに漠然とした不安をもっている方も少なくありません。ここでウォーターサーバーや宅配水システムを導入する御家庭が増えてきました。

ウォーターサーバーのレンタル料は千円程度。水の定期購入を行うことでサーバーのレンタル料を無料にしてくれる会社もあります。妊婦や乳幼児を持つ御家庭に優遇されるプランを導入している会社もありますし、バナジウムが豊富に含まれた水などの機能的な水を販売している会社もあります。これまで東京の水の安全性を懸念してペットボトルの水に頼っていた御家庭であれば、ウォーターサーバーを導入することで、コストダウンを図ることができます。水の価格も500mlペットボトルに換算すると70円程度で収まりますので、とてもお安く済みますね。